知っておきたいうつ病の主な症状について

知っておきたいうつ病の主な症状について

日本経済の悪化、過酷な労働環境、老後への不安など、近年は暗い気持ちになったり未来に希望がもてないような状況が続いています。

また、人間関係も複雑になっていたり、SNSなどの普及で以前よりも人の目や噂が気になったりと、精神的な重圧を感じることも多くなってきています。

このような社会環境によって、うつ病を発症する人は増加傾向にありますが、自分がうつ病だと気づいていない人が多いというのが実情です。

うつ病の主な症状は、体に現れるものだと食欲不振、不眠、頭痛、ひどい肩こりなどがあります。

感情に現れるものでは、常に悲しい、淋しい、自分に価値がないと感じるというようなことが挙げられますし、行動では無気力、無関心、無感情というような症状が起こります。

もちろん一時的なものであれば問題ありませんが、このような症状が慢性的に続く場合はうつ病の可能性があるので、医師の診察を受けてみましょう。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム