鬱 治療

鬱 治療

鬱の治療はどのように行うのでしょうか。

まず,鬱の治療の基本としてはとにかく「休む」ことです。

鬱というのは,心の病です。

「がんばりすぎている」ために鬱になるようなこともあるので,鬱の治療のために,まずは
心身ともに休養を取るということが大切になってくるのです。

鬱の治療をするうえで,大切なことが自分の担当の医師とのコミュニケーションです。

鬱の治療は,ひとりではすることは難しいです。

担当の医師をきちんと信頼して,少しでも
不安なことがあれば,すぐに相談するなどしてひとつひとつ解決していく必要があります。

鬱の治療は,基本的に薬を使って鬱の治療をしていくことになります。

薬を使っての鬱の治療,と聞くとそれだけで「怖い」と思ってしまうかもしれません。

けれども,何も怖いことはありません。

薬を使って鬱の治療をすることにより,鬱の発作などが出た時に,少しでも気持ちがラクに
なり,早く落ち着くことができるようになります。

鬱の治療は,一般的に精神科というところで受けることになりますが,「精神科」というのも
聞いただけでは,とても恐ろしい治療をされる場所なのではないか,というイメージが
ありますが,もちろんそんなことはありません。

この現代では,心の病をかかえた人たちはたくさんいます。

なにも特別なことではないと
安心してほしいと思います。

鬱の治療に使われる薬は,どのような効果を持つ薬なのでしょうか。

鬱の治療に使われる薬は,鬱の人にありがちな気分の起伏の激しさを抑えてくれたり,
落ち込みそうな時に,あまり落ち込まないようにしてくれるような効果を持つものです。

鬱の治療で使われる薬には,何種類かの薬がありますがその中の全てが,誰にでも効くという
わけではありません。

あるひとつの薬があるとすれば,その薬が効く人は大体6割くらいと
いわれています。

そのため,鬱の治療で薬を使う場合には,どのような薬がその人に効くのかを
調べることに,時間がかかるとされています。

そして,鬱の治療の薬が効き始めてくるのは,飲み始めてから2週間から1ケ月ほどだと
いわれているので,効かないからといってすぐに鬱の治療をやめてしまうのではなく,しばらく
飲んでみて様子をみてみる必要があります。

鬱の治療は,薬を使った鬱の治療の他にも,論理療法(認知療法)という鬱の治療の方法も
あります。

これは,心理療法とも呼ばれ,考え方や受け取り方など自体を治していこうという
鬱の治療の方法です。

例えば,なにか事件が起こった時などに,自分は全く悪くないのにも関わらず,「すべて自分が
悪いんだ」などと考えてとても落ち込んだり死にたくなったりする鬱の症状があります。

このような場合に,心理療法の鬱の治療では,「あなたはなにも悪くない」という考えを
植え付けることにより,鬱の治療を行います。

その他の鬱の治療の方法には,電気ショック療法という鬱の治療の方法もあります。

この電気ショック療法の鬱の治療を1日1回ずつ,毎日一週間受けることにより,別人のように
鬱の症状がなくなってとても元気になるとされています。

しかし,この鬱の治療方法は,生涯で50回以上受けてはいけないとされているなど,
本当に奥の手だといえるかもしれません。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム