鬱病の原因

鬱病の原因

鬱病の原因は色々とありますが、過去の統計を取ってみたところ、鬱病にかかる人は女性に多いといわれています。

なぜ女性が鬱病にかかりやすいのかというと、ホルモンが増えること、妊娠や出産などの女性特有のホルモンバランスの崩れや乱れなどが、鬱病の原因になっているといわれています。

ほかにも男女の社会的な役割に対する男女差、格差などが鬱病の原因になっているともいわれています。

日本では、20代から30代の人が一般的に鬱病にかかりやすいといわれていて、日々のストレスやいやなこと、何か過去にあったトラウマなども原因として鬱病にかかるといわれています。

海外の例をあげてみると海外は少し日本とは鬱病の原因が違っています。

海外における鬱病の原因としては、低学歴であること、そして低収入であること、貧困や無職の人などが鬱病にかかりやすいという結果が出ています。

しかし今のところ日本では、社会や経済状態が原因で鬱病になるということは証明されていないのが現状です。

鬱病にかかる原因は人それぞれ違っていて、その人の性格にもよるともいわれています。

ある人なら気にしないまま過ごせることでも、ある人にとっても気になって仕方がないということもあり、それが鬱病の原因になるというケースも多いといわれています。

鬱病の原因は個人差もありますし、すぐには分からないのが現状ですが、一旦完治してもまた再発している人も中にはいるといわれています。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム