鬱病の症状

鬱病の症状

鬱病の症状というのは色々と人によって違っています。

鬱病の症状として一番でやすい症状としては憂鬱になる、気分が沈む、落ち込むなどの症状が出やすいといわれています。

鬱病の症状のこういった憂鬱な気分は、午前中や朝にかけてひどく起き、午後や夜になるとましになることが一般的ですが、これも個人差があります。

ほかにも、鬱病の症状として、今まで興味を持っていたことに対して興味を持てなくなった、食欲がなくなった、または増加してしまったという症状もあります。

鬱病の症状として睡眠障害が起きるケースもありますし、精神運動障害が起きるケースも少なくありません。

精神運動障害とは、他人と会うのが嫌になってしまったり、口数が少なくなる、落ち着きがなくなるといったことが挙げられます。

1日中体がだるいと感じる、倦怠感を感じる、やる気が起きない、疲れやすいといった症状があらわれる人もいます。

そして鬱病の症状として、根拠もないのに自分を責めてしまったり、些細なことを思い出して悩んだりするといった症状も挙げられます。

重度の鬱病の症状があらわれている人の中には、自殺をしたいと思ってしまう人も多いといわれています。

鬱病は基本的に自分の気持ちを抑えることが出来なくなっていることが多いので、普段の精神状態ならそんなことを考えない、といったようなことも、衝動的に起こしてしまうような症状が現れる場合もありますので注意が必要です。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム